Follow @ryokn_10
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【巨人軍正捕手】水道橋のど真ん中で小林誠司愛を叫ぶ

巨人軍

 

 

f:id:ryocuu:20170319222009j:plain

毛髪が20kgあった説

 

 

WBCの活躍で様々な呼び名ができた。

・映画版のび太
・イケメンな阿部
・世界にしか通用しない男
セ界に通用しない男
・バスター・ヒージー
・能ある兎は肘を隠す

 

当ブログでは小林は、もともと能力は高い捕手だって事を絶叫したい

  • 元々小林は守備難ではない

youtu.be

 

この動画では古田だが例えば野村ジジイに誉められたら(逆も然り)世論が180℃変わる、過去の一度のミスを引き合いになんの根拠もなく批判される環境ができあがる、小久保のプレミア12での采配ミスも同じことが言える

 

実情は暴投補逸率NPB全体3位、ワンバン捕球率全体2位とデータ的に見れば良い、思考停止して考える脳ミソがないなら今からでも認識を変えてほしい。小林の守備は上手いと

 

 

物事を客観的に見れず固定観念に縛られ批判する日本野球ファンは確実に存在する

 

例えば

「ベテラン捕手はリードが上手いはずだ」
「小柄の選手は小技が上手いはずだ」
「打撃がヘボい選手は守備が上手いはずだ」

 

今回はタイトルが水道橋のど真ん中で小林誠司愛を叫ぶなのでこの事については、また今度書くことにしよう。

 

巨人軍にとって小林誠司という存在は、要綱の指す世において、小林の光は悪戯にくすぶるだけのただの、あくたびに過ぎんだが一度世に暗雲が立ちこめ闇が影を落とす時奴の光は闇を払う大いなる篝火となるのだ。

 

何を言ってるか分からないだろう?
俺も分からない

 

 

 

巨人ファンはこれまで「捕手.阿部」の恩恵をずっと受けてきた、その阿部が慢性的な故障からマスクを被ることができなくなり、弱小球団でいかに良い捕手のフリをするかで飯を食ってきただけの相川が現われ虚カスを混乱に陥れた

阿部の終わりは巨人の終わり…そう思ったら自律神経乱れて大量の寝汗をかくようになった。

 

そんな中小林のおかげで捕手阿部からはすんなり卒業できた 阿部は50年に1度とかそういうレベルの捕手だし、阿部になれてしまった巨人ファンから少なからず批判や不満が出るのは、やむを得ないだろうが、決して能力の低い捕手ではない。

 

 

唯一の不満点は足が遅いこと顔の良い男は先天的にみんな俊足だと思ってたのに残念だ

誠司君の何が好きか問われれば勿論顔も好きだけど偉いジジイの前でクロワッサン食ったり肘出したり、あの顔で案外黒い部分があるのが好き捕手に向いてると思う

 

 

 

 

まだ野球のルールすらわからず「顔」から入ってしまったそこのアナター

顔がいい人間を好きになるのは人として当然の事なのでなんら恥じる必要はない

 

ブスはあらゆる時の顔がブス
宮古島の海岸で夜通し泣き明かし辛い出来事から立ち直った日にマイナスイオンたっぷりの日光を浴びた横顔ですらブス好かれる要素など一切ない。顔ファンは世の摂理に従ってると言える

 

自称古参ファンやキモオタ独特の意味不明な縄張り意識はコンテンツを衰退させる害そのだと思っているので、声を大にして言っていきましょう自分は「顔ファン」だと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着地点がわからなくなってしまったので終わりにします。